事故の状況
赤信号で車両停止中、後ろから車に追突されたという事故

交渉、調停、訴訟などの経過
弁護士介入前に、既に保険会社からの保険金額の提示がありました。依頼者様は、提示された額が裁判基準に照らして相当かどうかについてご相談されました。
傷害慰謝料額が著しく低い事がわかったので、弁護士特約を使用して委任契約を締結することになりました。

本事例の結末
受任後、すぐに保険会社と交渉を開始し、傷害慰謝料については、いわゆる裁判基準(赤本基準)で計算してもらえるように申し入れました。保険会社は、当初渋っていましたが、裁判も視野に入れている事を伝えたところ、結果的に裁判基準での傷害慰謝料を支払ってもらえることとなりました。

所感
本件は、争点が少なかった事もあり、スピード解決となりました。
交渉を素早く開始することで、解決も早くなるので、今後も素早く着手していきたいと思います。