紛争の内容
交差点を青信号で進行中、交差道路から来た信号無視の車両に追突されたという事案です。

交渉・調停・訴訟などの経過
当初は、保険会社との任意での交渉をし、休業損害と慰謝料について、こちら側の提案を行いました。
これに対して保険会社は、休業損害については家事従事者性を認めたものの、こちらの提示額をよりもかなり低い金額を回答し、慰謝料についても、いわゆる赤本(裁判所)基準の80%程度を提示してきました。
被害者側としては赤本基準が譲れないことを主張し、紛争センターへの申立てをしてあっせんを待ちました。
紛争処理センターでは、休業損害についてはこちらの主張が一部認められなかったものの一日当たりの金額は賃金センサスに基づく適正なものを認めたあっせん案が示されました。
また、慰謝料については、赤本基準のあっせん案が示されました。

本事例の結末
結局、この金額で和解することになりました。
紛争処理センターへの申立て前の保険会社提案よりも80万円増額となりました。

本事例に学ぶこと
弁護士による交渉でも、保険会社は、いわゆる裁判基準をなかなか出してきません。
交渉しても進展がみられない場合には、早期に紛争処理センターへの申立てが必要であると考えられます。