野田弁護士

交通事故の損害賠償額に大きく関わるのが過失割合です。過失相殺と言います。

過失相殺の仕組みを具体的に言うと、例えば、交通事故が発生して、Aさんが2,000万円の損害、Bさんが1,000万円の損害で、過失割合が、Aさん:Bさん=20%:80%だとしますと、Aさんの損害2,000万円について、Bさんは1,600万円(2,000万円×0.8)を支払うことになり、Bさんの損害1,000万円につき、Aさんは200万円(1,000万円×0.2)を支払うことになります。この場合、これらを相殺して、結局、Aさんが1,400万円を受け取ることになります。

問題は、この過失割合を決めているのは警察だと思われている方も多いのですが、実際には保険会社が決めている、という点です。

被害者にとっては、過失割合によって、損害賠償の金額は大きく変わりますから、保険会社の言いなりに、過失割合を認める必要はありません。しかし、一方で、過失割合の議論は、一方的にこちらの考えを主張するだけでは認められません。然るべき証拠にもとづいて、説明する必要があります。この点は、被害者が自分で行うには難しい面があろうかと思います。納得がいかない場合は、弁護士に相談されることをお薦めします。弁護士はあなたの主張を裏付ける証拠を収集し、保険会社と交渉し、また、裁判で主張します。