法律相談にお越しいただくと、「弁護士に依頼すると交通事故の解決までにどれくらい時間がかかるか?」という質問をされる方が多くいらっしゃいます。

先に結論を言うと、「どの段階で弁護士に依頼するかによって異なる」ということになります。

例えば追突事故でむちうちとなってしまった場合、治療期間は概ね4ヶ月~6ヶ月程度が多いです。
治療期間を終えたあとに後遺障害の申請をするまでに約2ヶ月(完治された方は申請は不要)、認定の結果がでるまでさらに2ヶ月、その後保険会社と示談交渉がおわるまで1ヶ月~3ヶ月という流れになります。

■事故直後でケガがむちうちという方の場合のざっくりとした目安は以下の通りです。、

・後遺障害申請なし →6ヶ月~7ヶ月
・後遺障害申請あり →9ヶ月~1年

■骨折等の重傷を負った場合は、そもそも治療期間が長くなるので、さらに時間を要します。

■示談交渉がまとまらず、裁判や紛争センターで争う場合は、さらに6ヶ月~1年程度の時間がかかります。もちろん、時間をかけるに見合った結果がでるかを見極めて進まないと、時間はかけたけど良い結果がでなかったという事もあるので、最初にしっかりと打ち合わせをするようにしています。

■むちうちの方で既に治療を終えて、あとは示談のみという場合、2週間程度で終わったケース もあります。

 

 

 

 

 

【無料ライン(LINE)相談・予約実施中】

弁護士にラインで無料相談(5往復程度)できます。

●以下のボタンから「友達追加」をしてください

友だち追加

●ID検索の場合はIDを検索して友達追加をしてください

LINE ID:【@ggu7197l】(最後の文字は、小文字のエル)