交通事故で身体に傷跡が残ってしまった場合、身体の機能に異常がなくても、その状態は「醜状(しゅうじょう)障害」という、後遺障害として認定される場合があります。
醜状障害の等級認定においては、傷跡が、人目につきやすい部位なのか(露出)と、傷跡の長さや部位・程度により変わります。

頭部・顔面・頸部(外貌醜状)

頭部・顔面・頸部の日常的に露出する面の醜状についての後遺障害認定基準は以下の表のとおりです。

なお、醜状とは、火傷等による瘢痕・線状の痕・欠損・陥没・変色などの傷跡が残ってしまった状態のことです。
また、外貌とは、頭・顔面・頸部のように、常露出する部分をいいます。大体、頭から首までの部分を指します。

◆外部醜状が認められる条件◆

等 級 認定基準 基準の程度
7級12号 外貌に著しい醜状を残すもの ⑴頭部に残ったてのひら大(指の部分は除く)以上の瘢痕または頭蓋骨のてのひら大以上の欠損
⑵顔面部に残った鶏卵大以上の瘢痕または10円硬貨大以上の組織陥没
⑶頸部に残ったてのひら大以上の瘢痕
9級16号 外貌に相当程度の醜状を残すもの 顔面部に残った長さ5センチメートル以上の線状痕
12級14号 外貌に醜状を残すもの ⑴頭部に残った鶏卵大以上の瘢痕または頭蓋骨の鶏卵大以上の欠損
⑵顔面部に残った10円硬貨大以上の瘢痕または長さ3センチメートル以上の線状痕
⑶頸部に残った鶏卵大以上の瘢痕

◆部位別のまとめ◆

部位 基準の程度 後遺障害等級
頭 部 手のひら大以上の瘢痕または頭蓋骨の手のひら大以上の欠損 7級12号
鶏卵大以上の瘢痕または頭蓋骨の鶏卵大以上の欠損 12級14号
顔面部 鶏卵大以上の瘢痕または10円硬貨大以上の組織陥没 7級12号
長さ5センチメートル以上の線状痕 9級16号
10円銅貨大以上の瘢痕または長さ3センチメートル以上の線状痕 12級14号
頸 部 手のひら大以上の瘢痕 7級12号
鶏卵大以上の瘢痕 12級14号

なお、外貌の醜状は、他人から見て傷が明確に分かることが必要です。
したがって、頭髪や眉毛に隠れる部分は醜状として扱われません。微妙な判断もありますので、あきらめずに弁護士にご相談ください。

上肢と下肢の醜状

交通事故では、首や顔以外に、手足等に傷がつくこともあります。実は、手足でも傷によっては後遺障害が認められます。
ただし、外貌醜状とは違い、傷痕の大きさや部位によって、後遺障害等級は上がりません。
これは、顔や首等目立つ部分にくらべて、手足は服で隠すこともできるので、「障害」としては、軽い方であると考えられているからです。
認定基準は、以下の通りです。

「露出面」とは、上肢はひじ関節以下(ただし、手部を含む。)、下肢ではひざ関節以下(ただし、足背部を含む。)のことを言います。

等級 認定基準
14級4号 上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
14級5号 下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの

 

醜状障害の慰謝料

醜状障害で後遺障害等級が認定されると、後遺障害慰謝料が発生します。金額について、以下の表でまとめました。
慰謝料には、自賠責基準と裁判基準(弁護士基準)があり、金額が全然違います。
基本的には、弁護士に依頼をしないと、保険会社は、裁判基準の金額で払っていただけません。弁護士であれば、裁判をしなくても、裁判基準での交渉が可能です。

また、後遺障害として認められた場合は、「逸失利益」が請求できます。醜状によって、将来の仕事(収入)にも影響がでると考えられます。
ただ、傷がついた部位や仕事によっては、「仕事には影響がないので、収入は下がらない」という反論を受けることがあります。当事務所は、
あらゆる判例を分析する等して、最大限の逸失利益を獲得しています。
「労働能力喪失率」というのは、障害によって、収入にどの程度の影響があるかを表す率です。

等 級

後遺障害慰謝料

(自賠責基準)

後遺障害慰謝料

(裁判所基準)

労働能力喪失率

7級12号

409万円

1000万円 56%
9級16号

245万円

690万円

35%

12級14号

93万円 290万円

14%

14級

32万円 110万円

5%

後遺障害についてのコンテンツ一覧

後遺障害と損害賠償
首と腰のケガ(むちうち等)
脊髄損傷
肩・肘・手・手指の後遺障害
股・膝・足・足指の後遺障害
目の後遺障害
耳の後遺障害
高次脳機能障害
遷延性意識障害
醜状障害(顔や体の傷跡等)