医師の診断書の「傷病名」の欄をご覧下さい。頚髄損傷、胸髄損傷、腰髄損傷、中心性脊髄損傷といった傷病名がつけられることもありますが、これらはいずれも脊髄損傷にあたります。

脊髄とは、簡単に表すと、脳と体を繋ぐ役割(神経伝達機能)をもつ神経の束で、す。脳と共に「中枢神経」に分類され、脊椎の中を通っています。脊髄が損傷されると脳と体との信号のやりとりが阻害され、上手く神経の伝達ができなくなります。それで、様々な箇所に、麻痺等の症状がでてきます。脊髄損傷の場合は、基本的には回復はしないと言われています。

脊髄損傷の後遺障害認定基準

一般に、脊髄損傷は、損傷の程度によって「完全損傷」と「不完全損傷」に分けられ、症状の現れる部位により「四肢麻痺(四肢全ての麻痺)」、「対麻痺(両下肢のみ麻痺」、「単麻痺(四肢のうち一肢の麻痺)」に分けられます。交通事故で脊髄損傷となった場合には、後遺障害等級認定を受けることにより、その障害の程度に応じた賠償金を受けることができます。
具体的には、以下のような基準で認定がされます。

①麻痺の部位

 四肢麻痺、対麻痺、単麻痺か
②麻痺の程度
 高度か中等か軽度か
③介護の必要性とその程度

等級 認定基準
1級1号 生命維持に必要な身の回りの処理の動作について常に他人の介護を要するもの
①高度の四肢麻痺が認められるもの
②高度の対麻痺が認められるもの
③中等度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの
④中等度の対麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの
2級1号 生命維持に必要な身の回りの処理の動作について随時介護を要するもの
①中程度の四肢麻痺が認められるもの
②軽度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要するもの
③中等度の対麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要するもの
3級3号 生命維持に必要な身の回りの処理の動作は可能であるが、労務に服することができないもの
①軽度の四肢麻痺が認められるもの
②中等度の対麻痺が認められるもの
5級2号 きわめて軽易な労務のほかに服することができないもの
①軽の対麻痺が認められるもの
②一下肢に高度の単麻痺が認められるもの
7級4号 軽易な労務以外には服することができないもの
①一下肢に中等度の単麻痺が認めら得るもの
9級10号 通常の労務に服することができるが、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの
①一下肢に軽度の単麻痺が認められるもの
12級13号 通常の労務に服することができるが、多少の障害を残すもの
①運動性、支持性、巧緻性及び速度について支障が殆ど認められない程度の軽微な麻痺を残すもの
②運動障害が認められないものの、広範囲にわたる感覚障害が認められるもの

後遺障害認定を受けるためには

脊髄損傷の場合に、適切な後遺障害等級認定を受けるためには、まず必要な画像所見を得なければなりません。
まずは、レントゲン撮影で、骨折や脱臼の症状があるかを見ます。骨折などがあれば、骨の中を通っている神経が傷つけられている可能性があります。

次に、MRI撮影は必須です。
レントゲンは骨を検査するものなので、神経の異常は映りません。
そこで、MRI撮影によって、骨の内部に脊髄負傷によって起きた出血(浮腫等)がないかを調べます。

また、脊髄損傷は様々な症状が出ますが、保険会社が「脊髄損傷の症状に合わない」と主張してくることもあります。
そこで、「この神経が傷ついていればこのような反応が起きる」というようなことを見る、神経学的な検査も重要です。
ただ検査をすればよいというわけではなく、各人に応じた所見をもらう必要があります。

後遺障害についてのコンテンツ一覧

後遺障害と損害賠償
首と腰のケガ(むちうち等)
脊髄損傷
肩・肘・手・手指の後遺障害
股・膝・足・足指の後遺障害
目の後遺障害
耳の後遺障害
高次脳機能障害
遷延性意識障害
醜状障害(顔や体の傷跡等)