示談をする前に

交通事故の治療が一段落したら、保険会社から示談の提示があります。
「損害額のご案内」というようなタイトルで、金額の提示がされていませんか?
また、「免責証書」という紙が入っていませんか?

免責証書にサインしてしまうと、それで承諾したということになり、今後は金額を争えなくなります。

したがって、「保険会社の提示した金額が本当に正当か?」と思った方は、当事務所にご相談ください。

弁護士に相談するメリットは、以下の記事をご覧ください。

賠償金があがるカラクリ

解決事例

弁護士費用

・初回は30分無料です。
弁護士特約に加入の方は基本的に費用は保険会社がだすのでかかりません。

対応保険会社

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
アクサ損害保険株式会社
AIG損害保険株式会社
イーデザイン損害保険株式会社
SBI損害保険株式会社
共栄火災海上保険株式会社
セコム損害保険株式会社
セゾン自動車火災保険株式会社
ソニー損害保険株式会社
損害保険ジャパン日本興亜株式会社
大同火災海上保険株式会社
東京海上日動火災保険株式会社
日新火災海上保険株式会社
三井住友海上火災保険株式会社
三井ダイレクト損害保険株式会社
楽天損害保険株式会社
Chubb損害保険株式会社
チューリヒ保険会社
その他、
全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)
全国労働者共済生活協同組合連合会(こくみん共済 coop)
全国トラック交通共済協同組合連合会(交協連)
全国自動車共済協同組合連合会(全自共)
全日本火災共済協同組合連合会(日火連)

に加入の会社。