近年、自転車を加害側とする交通事故についての報道も増えております。
法的には自転車も軽車両ですので、道路交通法の適用を受けます。
従いまして、事故を起こした際には申告の義務があります。

しかし、依然として多いのは、自転車を被害者とする交通事故です。
幾ら軽車両とは言え、自動車や二輪車と衝突した場合には、甚大な被害を被ることが多くなります。
自転車運転中に交通事故被害に遭われた場合には、速やかに安全な場所に退避し、さらなる被害の遭遇を回避することが先決です。そのうえで、警察と救急に連絡し、また、加入しているのであれば保険会社に連絡するのが良いと思います。各種サポートが受けられます。
場合によっては、弁護士費用特約で弁護士についても案内してもらうこともあると思います。

当事務所では、自転車運転中に被害に遭われた方の被害救済に尽力しております。
お気軽にご相談ください。

【ライン(LINE)相談・予約実施中】

●以下のボタンから、「友達追加」をしていただければ幸いです。

友だち追加

●ID検索の場合は、ラインで以下のIDを検索して、友達追加をしてください

LINE ID:【@ggu7197l】(最後の文字は、小文字のエルです)