埼玉県トップクラスのグリーンリーフ法律事務所

埼玉県内の交通事故状況について説明しています。
弁護士法人グリーンリーフ法律事務所は、大宮駅徒歩5分のところにあるため、大宮周辺での交通事故について述べます。

■大宮警察署管内の交通事故の特徴■

令和3年12月時の状況

交通事故の原因別では、運転中の脇見運転等が71.6%を占めています。

状態別では、自動車運転中の44.9%に次いで、自転車乗用中の事故が31.0%を占めています。

年齢別では、交通事故による死傷者のうち40歳代が20.8%を占めており、65歳以上の高齢者は12.0%となっています。

 

令和3年は、令和2年よりも人身事故も物損事故も増加しています。

 

今日の埼玉(大宮)の交通事故情報

埼玉県のホームページにて、「交通事故日報」が公開されています。
これをみれば、概要を把握することができます。

こちらからどうぞ。

令和2年の交通事故の状況

警察がまとめた資料として、こちらが詳しいのでご覧ください。

交通事故の流れを漫画でわかりやすく解説中です。
詳しくは下記の画像をクリックしてマンガページをご覧ください

 

 

平成30年時の状況

埼玉県警発表の資料によると、原因別では、前方不注視等の脇見運転が66%を占めているようです。

自転車の事故が多発し、前年と比べて61件増加しています。

死者5人のうち4人が高齢者となっています。

高齢運転者によるハンドル操作の誤り、アクセル・ブレーキの踏み間違いによる事故が増加しているようです。

交通事故が起きたら、すぐにご連絡ください。
交通事故のエキスパートが丁寧に対応します。

 

【無料ライン(LINE)相談・予約実施中】

弁護士にラインで無料相談(5往復程度)できます。予約もラインからできます。

●以下のボタンから友達追加をしてください

友だち追加

●ID検索の場合はIDを検索して友達追加をしてください

LINE ID:【@ggu7197l】(最後の文字は小文字のエル)