紛争の内容
依頼者Bさんは、加害者が赤信号を無視して交差点に突入したことで衝突され、交通事故被害により「むちうち」のケガを負いました。相手の任意保険会社が治療費をだし、それで治療を続けていました。
一般的には、長くても6ヶ月程度が、保険会社が治療を認める期間ですが、Bさんの場合は1年間にわたり保険会社が治療費を支払っていました。治療終了後、示談の提案を受けたため、内容の妥当性を確認したいということで当事務所へご来所されました。「埼玉で交通事故慰謝料に強い事務所」で検索したら、グリーンリーフ法律事務所がヒットしたとおっしゃっていました。
保険会社側の提案は,裁判によって認められる金額(赤い本の基準)よりも低額であり,依頼者様に不利な内容であったため、示談交渉事件として弁護士特約を使って受任しました。

経過
  裁判基準で弁護士が計算をしなおしたところ、保険会社の提案は相場の約60%程度の提案であることが発覚しました。
保険会社は当初、当方の提案を全面的に拒んでいましたが、弁護士の粘り強い説得により、当方提案ほぼ全額を支払ってもらうことで、合意ができました。
  裁判をせずに、Bさんも満足する110万円の慰謝料を取得しました。

本事例に学ぶこと
   保険会社は,示談交渉に精通しておりますので,被害者の方がお一人で対等に渡り合うことは容易ではありません。交渉について専門的な知識が必要ですので、担当者に言いくるめられてしまうおそれがあります。保険会社からの示談案は、裁判所が認定する基準よりも低いことが多いので、示談の提示があった場合は、弁護士までご相談ください。

弁護士 申景秀