紛争の内容
依頼者であるXは、バイクを運転していたところ、突如右からYの運転する普通乗用自動車に追突(側面衝突)され、左指の骨折や打撲等のケガを負い、後遺障害(等級14級)の認定を受けました。
XはY側の保険会社の示してきた慰謝料が低額であったため、納得できず、当事務所がご依頼を受けました。

交渉・調停・訴訟などの経緯
先方保険会社と粘り強く交渉を続けた結果、当初の慰謝料金額から一定程度増額した和解提示を受け、Xとしても一応納得できる金額まで増額することができました。

本事例の結末
Xも納得し300万円の賠償を受けることで示談が成立しました。

本事例に学ぶこと
本件では、慰謝料については、保険会社の当初提示額から一定程度増額をすることができました。
当事者間では、なかなか増額の話し合いが難しい内容でも、今回のケースのように、弁護士介入により、交渉を重ね、法的に妥当な金額まで増額できる場合があります。