紛争の内容
車同士の事故であり、弁護士への依頼前に保険会社から賠償額の事前提示がなされていましたが、依頼者様は、その金額に納得されていませんでした。
車同士の事故でしたので、過失割合が大きな争点となっていました。

交渉・調停・訴訟などの経過
過失割合について、相手方保険会社はある程度譲歩していましたが、通院慰謝料についてかなり低額な提案をしていましたので、通院慰謝料の増額をメインに交渉を進めました。
また、過失割合についても、主張できる事実がないかどうか精査し、主張できる事情は全て主張しました。
依頼者様の車に搭載さえれていたドライブレコーダーの映像があったので、映像を精査し、相手方の車が直進レーンを進んでいたにもかかわらず、強引に左折してきたことを過失を増やす要素として主張しました。

本事例の結末
事案の早期解決の必要性・依頼者様のお気持ちを保険会社にお伝えし、通院慰謝料についてこちらの提案した金額に近い金額で示談を成立させることが出来ました。
過失割合についても、相手方保険会社が当方の主張を一部受け入れ、当方の過失について当初よりもかなり少なくすることが出来ました。
支払金額としては当初の事前提示額より15万円近く高い金額で示談を成立させることが出来ました。

本事例に学ぶこと
事実関係を精査し、有利な事情は全て主張することで、過失割合や慰謝料等の条件について、有利に交渉を進めることが出来ることを学びました。

弁護士 権田 健一郎

 

 


【無料ライン(LINE)相談・予約実施中】

弁護士にラインで無料相談(5往復程度)できます。予約もラインからできます。

●以下のボタンから友達追加をしてください

友だち追加

●ID検索の場合はIDを検索して友達追加をしてください

LINE ID:【@ggu7197l】(最後の文字は小文字のエル)

埼玉県トップクラスのグリーンリーフ法律事務所

グリーンリーフ法律事務所は、埼玉県さいたま市大宮区で30年以上の実績、交通事故に力を入れている法律事務所です。お気軽にご相談ください。

交通事故の流れを漫画でわかりやすく解説中です。

詳しくは下記の画像をクリックしてマンガページをご覧ください

 

 

ご相談対応エリア=東京都、埼玉県全域、その他関東圏に対応しております。

0120-25-4631
0120-25-4631