野田弁護士

損保会社は示談の提示の際、「基準に基づいて算出しています」と言ってきます。
そう言われると、多くの人が 「保険会社の人が言うのだから、そうなのだろう」と思ってしまうのも無理はありません。

しかし、それは損保会社が独自に定めた基準に過ぎず、ほとんどのケースで、裁判所が定めている基準は、それよりも高いのです。

そもそも、損害賠償の基準には以下の3つがあり、①「自賠責保険の基準」よりも、②「任意保険の基準」が高く、更にそれよりも③「裁判の基準」の方が高いのです。

①自賠責保険の基準

自賠責保険は、全員が入らなければならない保険で、人身事故のみに適用されます。この基準に従って損害額を算定すると、非常に低い額になります。

②任意保険の基準

任意保険は、加入義務がない保険です。人身事故だけでなく、物損事故にも適用されます。損害額は自賠責保険の基準と裁判基準の間で算定しますが、自賠責保険の基準に近いのが現実です。

③裁判の基準

裁判所と弁護士会が協議して作成した基準です。過去の交通事故に関する裁判の判例などを踏まえて、損害の内容ごとに基準が示されています。
裁判の基準は、一般に自賠責保険の基準や任意保険の基準より高額なのです。
※交通事故紛争処理センターの行うあっ旋、審査の基準も裁判の基準と同様です。

保険会社から示談で提示される保険金(賠償金)は、①②を基準にしていますので、裁判所の基準より低いことが多いのです。

保険会社も、弁護士がこの基準を熟知していることは百も承知ですから、場合によっては、弁護士がついた時点で、自動的に提示額を上げてくることすらあります。
ひどい話ですが、これが、弁護士が入ると賠償金が上がるカラクリです。