刑事記録について

 
交通事故の被害者の方から事件の依頼を受けて解決に向けて進んでいきますと、しばしば、刑事記録が必要になる場面に遭遇します。
過失割合が争いになっている時に、道路の状況や、事故の状況等を報告書形式でまとめて、実況見分調書がよく登場します。
 
この刑事記録は、刑事事件の進行段階に応じて取得する方法が変わってきます。
 
まず、捜査段階(起訴前)は、刑事記録の閲覧・謄写(取得)はできません。

これが公判(裁判)段階になりますと、被害者の立場で謄写(取得)することになります。
第一回公判期日後終結までの間に、犯罪被害者保護法3条に基づいて請求します。
判決が確定したのちは、刑事確定訴訟記録法により請求します。
 
また、不起訴となった事件では、文書送付嘱託などの裁判所を通じた請求や弁護士会請求で請求をすることになりますが、基本的には、実況見分調書や写真撮影報告書のみが開示されます。

当事務所では、段階に応じて適切に刑事記録の開示を求めていきます。それにより、適切な過失割合等も主張ができます。

交通事故に遭われたら、まずは、埼玉大宮のグリーンリーフ法律事務所にご相談ください。