最近、あおり運転事件等がきっかけとなって、交通事故の状況を撮影できるドライブレコーダーが普及しており、交通事故に遭われた方でも、ドライブレコーダーの映像がある方も増えてきました。

ドライブレコーダーの映像があると、事故当事者双方の言い分が食い違い、平行線をたどるというリスクは軽減したと思います。

しかし、ドライブレコーダーがあるからと慢心してはなりません。

こういうことが何件もあるので、注意喚起させていただきます。
ドライブレコーダーは、多くの場合、車を動かしていると、上書きされていきますので、データが書き換えられ、「データが消えてしまった・・・!」というアクシデントが複数件発生しております。

せっかくドライブレコーダーを設置し、映像が取れていたのに、映像を保存する前に消えてしまったとあれば、元も子もありません。

そのため、事故直後に、ドライブレコーダーに入っているSDカードなどの記録媒体を取り出し、そのまま保管しておくか、データをPCなどに移してからSDカードを戻してください。

そうしないで修理に出してしまうと、修理から帰ってきたらデータも上書きされていて消えてしまっていた・・・などという残念な状況を回避することができます。

弊所では、交通事故紛争処理件数が多数あります。
交通事故でお困りの方は、交通事故に強い弁護士法人グリーンリーフ法律事務所までお気軽にご相談下さい。早いに越したことはありません。

 

 

【無料ライン(LINE)相談・予約実施中】

弁護士にラインで無料相談(5往復程度)できます。

●以下のボタンから「友達追加」をしてください

友だち追加

●ID検索の場合はIDを検索して友達追加をしてください

LINE ID:【@ggu7197l】(最後の文字は、小文字のエル)

「ドライブレコーダー」の関連記事

ドライブレコーダーは付けた方がいいの?

後遺障害等級の認定までの流れについて

【過失割合】50:50で提示があった過失割合を、80:20で解決した事案