このページは、主婦の方が交通事故で頚椎捻挫(むちうち)となったケースについて、実際の事例をもとに解説しています。

埼玉県トップクラスのグリーンリーフ法律事務所

実際の頚椎捻挫の事例

紛争の内容
コンビニの駐車場から出ようとしていた依頼者様は、いきなり後ろから加害者に追突されました。被害にあった車に同乗していた依頼者様は、いきなりの衝突で首が前後に揺られ、「頚椎捻挫」となりましたが、相手保険の立替で、接骨院をメインに治療を続けていました。幸いにも5ヶ月治療しても後遺障害は残りませんでした。治療当初から弁護士特約を使って依頼を受けました。

※なお、弁護士特約がない場合の費用体系はこちら

経過
5ヶ月程度の治療を経て、治療が終了しました。その後、弁護士が保険会社と示談交渉に入りました。主な争点は慰謝料と休業損害のみでしたが、慰謝料は、弁護士基準で払うように交渉したところ、ほとんど満額で示談をすることができました。
休業損害は主婦として算定して、約1万円で計算し、保険会社に払わせることができました。

本事例に学ぶこと
主婦休損と慰謝料は金額が大きくなるので、保険会社まかせにすると損します。一度弁護士に相談することをおすすめいたします。

コラム:「主婦の休業損害」

 

 

【無料ライン(LINE)相談・予約実施中】

弁護士にラインで無料相談(5往復程度)できます。予約もラインからできます。

●以下のボタンから友達追加をしてください

友だち追加

●ID検索の場合はIDを検索して友達追加をしてください

LINE ID:【@ggu7197l】(最後の文字は小文字のエル)

■■チェックしたい記事■■

保険会社から損害額(示談)の提示を受けたはこちらをご覧ください
まんがでわかる交通事故
慰謝料の相場

 

■■主婦(主夫)関連解決事例■■

弁護士が受任し、休業損害等で65万円増額した事例
【紛争処理センター】裁判基準の慰謝料、兼業主婦としての休業損害として保険会社提示額より100万円以上UPした事例
【示談】同乗家族3名の交通事故(むち打ち)につき、2名の後遺障害14級獲得、裁判基準の慰謝料、主婦休業損害等として、3名合計で約900万円を獲得したケース
主婦(30代 女性)が頚椎捻挫。慰謝料と休業損害(主婦)を弁護士基準で獲得した事例。

 

交通事故の流れを漫画でわかりやすく解説中です。
詳しくは下記の画像をクリックしてマンガページをご覧ください

 

 

【無料ライン(LINE)相談・予約実施中】

弁護士にラインで無料相談(5往復程度)できます。

●以下のボタンから「友達追加」をしていただければ幸いです。

友だち追加