紛争の内容
コンビニの駐車場から出ようとしていた依頼者様は、いきなり後ろから加害者に追突されました。被害にあった車に同乗していた依頼者様は、いきなりの衝突で首が前後に揺られ、「頚椎捻挫」となりましたが、相手保険の立替で、接骨院をメインに治療を続けていました。幸いにも5ヶ月治療しても後遺障害は残りませんでした。治療当初から弁護士特約を使って依頼を受けました。

経過
5ヶ月程度の治療を経て、治療が終了しました。その後、弁護士が保険会社と示談交渉に入りました。主な争点は慰謝料と休業損害のみでしたが、慰謝料は、弁護士基準で払うように交渉したところ、ほとんど満額で示談をすることができました。
休業損害は主婦として算定して、保険会社に払わせることができました。

本事例に学ぶこと
主婦休損と慰謝料は金額が大きくなるので、保険会社まかせにすると損します。一度弁護士に相談することをおすすめいたします。